磁場配向用磁気回路(ボア径方向磁場)の製作

お客様からの要求 試料を配向させるため、リング型の磁気回路のボア径の中心部φ5mm×10mmの領域に0.5T以上の磁場を発生させる磁気回路がほしい。ただし、配向したまま磁場から外すためボア径方向以外の磁場を0.1T以上掛からないことが条件。 東和製作所の対応 問い合わせから1週間以内にお客様を訪問し、要件定義を行い、問い合わせから2週間で設計の第1案を提示した。 希望通りの納期で対応でき、磁場が強く、取り扱いに細心の注意が必要のため、納品時に取扱説明書をもとに説明も行った。

熱減磁した磁石(磁気回路)の修理

お客様からの要求 装置の冷却機能が止まったまま稼働し、磁気回路に高熱が掛かり、磁気回路が減磁してしまった。 装置メーカーの対応は修理することは出来ないとのことのため、高額な費用と長い納期がかかってしまうが、新規の磁気回路を依頼するしかなかった。その間、一日でも早く装置を稼働させたいため、修理を検討してほしい。 東和製作所の対応 磁石とヨークの材質が特定できなかったため、新規で部材を調達し、修理することが困難であった。そこで、現品の再使用を検討し、磁気回路の一部を分解し、磁石のみを再着磁してみたが、磁石は磁化

磁気回路のリサイクル

お客様からの要求 多くの磁気回路部品を使用しているが、不要になった磁気回路の廃棄に苦労している。さらにレアアースの問題もありリサイクルできる事が望ましいと考えているが対応の検討は出来ないだろうか? 東和製作所の対応 永久磁石のリサイクルの要求は古くからあったが、着磁された永久磁石のリサイクルは技術的に困難であった。 2011年に信越化学工業において、着磁状態でもリサイクルを実現する準備がそろい当社においてリサイクル受け入れ態勢の構築を行った。 磁気回路状態から、永久磁石単体の状態に効率よく分解する作業は当社

磁気回路の測定と解析の提案

お客様からの要求 医療用検査装置に用いる磁気的な検査機構の開発を開始した。永久磁石を購入し簡易的な実験を行ったが、想定と異なる結果が出ている。購入した永久磁石が仕様通りのものなのか疑問があるため、測定を協力してほしい。 東和製作所の対応 医療用検査装置として必要な仕様は、磁気回路状態における磁場分布との関係性があるため、磁石単体の特性とアセンブリ状態における磁場分布の2つの測定を実施した。結果的に永久磁石単体の特性ばらつきが大きい事と、アッセンブリの設計により磁場分布がばらつきやすい状態であった事を指摘しこ

マグネットバルブの共同開発

お客様からの要求 永久磁石を用いたバルブのアイデアがあるので相談したい。 東和製作所の対応 イマテック株式会社より、バルブのアイデアの実現性について相談したいとの連絡を受けた。すぐにご来社されアイデアについてのディスカッションを行った。だいぶ新規性も高く開発に時間がかかる話であるが、実現の方向性に関するアイデアがいくつか出て来たため、早速簡易的なシミュレーションを行い、可能性の判断を行った。 実現へ道のりから考え、共同開発とするのが良いという両者の合意は速く、速やかに共同開発契約が締結され、原理試作が進めら

マグネトロンスパッタ装置のカソード用マグネットの製作

お客様からの要求 要求する形状と磁気分布を満たすカソード用マグネットを設計、製作してほしい。 東和製作所の対応 既存の装置の修理・改造、ターゲット材の材質変更などお客様要求は1点1様。カソード用マグネットの製作実績が多くあるため、要求の磁場を発生させるために、どの磁石の材質を、どのように配列すればよいかのノウハウがあり、必要な数量を最適な納期で対応してきた。 φ3インチ、φ4インチ、φ8インチ、φ16インチ、2インチ×7インチ、5インチ×10インチ、5インチ×20インチ、5インチ×27インチ、360mm×1

電子ビーム偏向用磁石(磁気回路)の製作

お客様からの要求 蒸着装置の試料からの反射ビームがカバーにダメージを与えているので、偏向用磁石を追加し、反射ビームをカバーに当たらないようにしたい。るつぼが近くにあるため、温度が250℃近くあり、設置できるスペースは高さが5mmしかない。 このような条件でるつぼの上面の30mmGAPの中心に、16mTの磁場を発生させたい。 東和製作所の対応 磁石を設置できるスペースが限られており、おおよその磁石の形状が決まってくる。その形状を250℃まで熱をかけたときにどのぐらい減磁するか、16mT以上を維持できるかが重要

不良品の低減ため製造先切り替えの検討

お客様からの要求 ヘリウムリークディテクタの偏向用磁気回路の仕様は、バラツキ3%以内であり、現状不良品が20~30%出ており、良品選定に苦労している。 磁気回路の磁気特性のバラツキによる不良品を低減し、安定的に適正なコストで生産したい。 東和製作所の対応 磁気回路の構造は対向型磁気回路で、バラツキの原因は磁石製造プロセスであり、磁石を使用する限り、8%程度のバラツキは容易に生じるものである。 そこで、当社では組み立て、着磁技術により磁気特性を最終段階で調整する方法を実施し、バラツキを3%以内に抑えることがで

着磁した磁石の組み立て

お客様からの要求 ダイレクトドライブモーターの組み立てで、無着磁の磁石をローターに組み立てしたあとで着磁した場合、着磁コイルの性能上、部分的に完全に着磁できず、磁気特性のバラツキが生じていた。 試作評価の段階は着磁した磁石を組み立てて何とかなったが、量産生産ではいくつかの課題があり採用できないため、最適な組み立て方法を検討してほしい。 東和製作所の対応 モーターは無着磁の磁石を組み立て後、着磁することが多く、専用の着磁コイルが必要になりイニシャルコスト必要になる。そのため、試作や小ロットの製品について対応し

メタルマスク固定用磁石(磁気回路)の製作

お客様からの要求 基板を均一に固定するために磁石を使用したいのだが、真空雰囲気で200℃の環境で使用できる磁気回路を設計してほしい 東和製作所の対応 磁石は熱減磁する特性があるため、200℃の環境で基盤を均一な吸着力を維持するために、磁石の材質の選定と磁気回路の設計が重要になる。 また、真空雰囲気ではアウトガスの発生に注意する必要があり、接着剤の選定も重要になる。 そのため、磁場解析から最適な材質の選定を行い、要求の仕様を満たす磁気回路の設計を行った。 実装評価から出る課題を数週間で解消し、再度の試作評価と

Go to Top